カヌー、カヤックの歴史|感動と満足の神秘体験は沖縄青の洞窟

安全性・快適・確実性をモットーにてぃんだけのスペシャルメニューで感動体験

沖縄青の洞窟てぃん

予約お問い合わせ:098-982-5477 受付時間

ご予約 お問い合わせ

格安でマリンスポーツを楽しむなら♪沖縄青の洞窟てぃん!

安心安全の貸切制で楽しむなら♪STO!

カヌー、カヤックの歴史

6000年以上の前の遺跡に銀に、カヌー、パドルをかだどったものが出土しているらしい。古代エジプトやローマの遺跡からでてくるものにもカヌーらしき彫刻もあるそうな。

たぶん、人間が狩猟生活にいろいろと使用したのではないか、もともとは北アメリカの先住民族が輸送、狩猟、魚釣り、戦争にと使用していたらしい。
それがアメリカに移住してきた人たちが工夫し、改良してきて、今のカヤックになったそうです。最初は動物の骨や皮で製造されていたそうです。


アラスカのエスキモー、イヌイットと呼ばれている海洋民族からの発祥。

木で船の枠を創り、これにアザラシの皮などを張り合わせて製作した船が昔のスタイルでのカヤックになるそうな。

海洋哺乳類の捕獲のための船なので、機動力、スピードを追及したので細身になったのですね。しかし、安定性は不十分です。

これらの地域は極寒の地であるため、座ると腰まで船のなかに入り、防水の服で身体を隠した上にコックピットの枠にかぶせてシールすることで水の浸入を防ぐ事になったようです。

ときには露出しているのは顔だけにして、寒さを凌いでいたようです。

バランスを崩して転覆して船から脱出してしまうと、低水温の世界なので命がいくつあってもたらないのです。転覆してもすぐに起き上がれることができるようにと、エスキモーロールが考案されたのです。

ロシアではアリューシャン人のアリュートカヤック、ロシア語でバイダルカと呼ばれます。


カヌーはおもに丸木をくり貫いた丸木船が始まりではないかといわれている。いろいろと改良されて現在の形になっているようである。

およそ、17世紀ごろにアメリカ北東部にやってきた探険家たちは、インディアンのカヌーを見て驚きをかくせなかったようである。

当時ヨーロッパにあったのは、漕ぎ手ボートで、ようするに漕ぎ手が進行方向に向かって後ろ向きに座って漕ぐタイプのものであったからである。

なにしろ、インディアンのそれは前向きにすわり、前に船が進むのであるから。


沖縄にも

サバニと呼ばれる船がある。もともとは木をくり貫いて製造していたらしい。現在は木と木を繋いだり併せたり、温めて反りを作ったりと組み合わせで高度な技を必要としている。

熟練した職人になると釘を一本も使わずに製造する。もはやその域は工芸品、芸術品と言っても過言ではないだろう。


カヌーとカヤックの違い

  1. ①形
    • ・カヌーに比べてカヤックは細身であること。
    • ・カヤックは転覆したときに素早く起き上がるこができること。
  2. ②材料
    • ・カヤックはもともとは動物の皮などで製造していたこと
    • ・カヌーはまる木をくり貫いて製造していたこと
  3. ③スピード
    • カヤックの方が早い

カヤックのメニューへ

てぃんでマリンメニューを体験すると

本日の海況

本日の海峡画像

本日の海況でーす(^_-)-☆

お客様アルバム画像

お客様アルバム

人気メニューランキング

人気メニューランキング1位

(A)青の洞窟探検シュノーケルツアー

カヤックで青の洞窟に向かい、シュノーケリングをお楽しみいただけるプランです!

人気メニューランキング2位

(C)シーカヤックで行く!青の洞窟探検シュノーケルツアー

カヤックで青の洞窟に向かい、シュノーケリングをお楽しみいただけるプランです。

人気メニューランキング3位

(DS)青の洞窟体験ダイビングツアー

青の洞窟へダイビング。洞窟までのダイナミックな海底の眺めは絶景。魚の種類も多く、まるで竜宮城のよう!!

マリンメニューを疑似体験しよう!動画ページ

お問い合わせ

マリブの大冒険

キッズシーカヤックツアー

このページのトップへ